各分野の専門家が医師の転職や開業などに必要な情報を配信します。

トップ > 医師のキャリア、転職 > ドクターXに考える、医師のキャリア「私、失敗しないので」

ドクターXに考える、医師のキャリア「私、失敗しないので」

 

ジーネット株式会社の小野里(おのざと)りかです。

 

本日は、医師のキャリア構築の選択肢について

人気の医療ドラマ『ドクターX』に紐づいて考えてみました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このドラマ主人公の医師、米倉涼子さん扮する

外科医・大門未知子は、

たたき上げの医師。

大学病院の医局に属さず、

様々な病院を渡り歩いているフリーランスの外科医。

 

「私、失敗しないので」

という強気な発言の裏には

臨床で、

徹底的に経験を積んできた=「腕を磨いてきた」

経験値があるという設定です。

 

これ、ドラマの設定なので、

かなり、突拍子もない感じになっているのですが

何で人気なのかなっていうと

 

「いわゆる王道のエリート」 対 「亜流の主人公=たたき上げ」

 

このコントラスト存在がユニークなのですよね

 

で、ここで、こんな設定が

現実的にあるのかなって

考えてみましたが、

こんなドラマみないたキワモノではないですが

 

大きな組織ではなく、

特定の分野に特化した

小規模病院で腕を磨く=特定分野で症例を経験する

というのもあるのかなと思っています

 

先日、お伺いした心臓手術で著名な

都内の循環器専門病院で

ふとこんな事を考えてみました。

 

ダビンチを用いた先端手術では有名で

全国でトップクラスの症例件数があり、

各地より患者様がいらしています

 

また、冠動脈ハイブリッド治療も

症例件数は群を抜いています

 

分野を特定して、

腕を磨くという観点でみていくと

短期的な経験値の積み上げという点では

非常に効率が良いような気がしています。

 

「出る杭は打たれるが、突き抜ける!」

「日本一の循環器病院を目指している」

 

この病院でお目にかかったドクターから

お伺いしたお言葉です。

 

組織のしがらみから解放され

一気に世界に駆け上がれる

可能性にあふれた場所なのかなと感じた瞬間でした

 

ドクターXではないですが、

腕を徹底的に磨ける場所のようです!

 

ちなみに、こちらの職場の医局は

ドクターXとは違って

チームワークが良いようです(笑)

 

突き抜ける熱い意志を持った

素晴らしいチーム

 

ご興味ある先生は、是非、お気軽に

お問合せください。

 

ジーネット株式会社 メディカル事業部 小野里 りか

onozato医師・看護師の人材紹介事業、採用支援

クリニックの開業支援を

オーダーメードでフルサポート。

ご相談は無料、お気軽にお問合せ下さい。

TEL:03-5925-8520

mail:onozato@gnet.co.jp
HP:ジーネット(株)コーポレートサイト

   毎日更新ブログサイト
   医師の転職・開業失敗事例集 

お問い合わせはこちら