各分野の専門家が医師の転職や開業などに必要な情報を配信します。

トップ > 医師のキャリア、転職 > 医師不足と地域偏在の解決に向けた地域医療連携シンポジウム

医師不足と地域偏在の解決に向けた地域医療連携シンポジウム

2020/02/04

ジーネット株式会社の小野里(おのざと)りかです。

 

1月31日都道府県会館にて、

「地域医療を担う医師の確保を目指す知事の会発足式」と

「医師不足と地域偏在の解決に向けた

 地域医療連携シンポジウム」が開催されました。

 

内容に興味があったので、参加させて頂きました。

 

民間保険会社医療機関診断書

 

 

『地域医療を担う医師の確保を目指す知事の会』は

青森・福島・長野・岩手・新潟・静岡県6県の知事が

医師不足と偏在対策について、

国に訴える活動を設立趣旨とされています。

 

東京を中心とした首都圏は、

医師も多く、診療科も極端な偏りがないのですが

地方では、極端な医師不足により

患者層に大きな負担がかかっています。

 

知事の会からは、岩手県知事・達増拓也氏が

また、参議院議員で小児科医師の

自見はなこ氏からは、

今後の具体的な政策についてのお話しが。

 

また、基調講演は、全国公立病院連盟会長・邉見公雄先生から。

 

パネルディスカッションは、以下の方々から。

 

コーディネーター・全国自治体病院協議会・副会長/望月泉先生

パネリスト/邉見公雄先生

      山口育子氏(NPO法人 ささえあい医療人権センター 理事長)

      良医育成新潟県コンソーシアム代表 新潟大学教授 鈴木栄一先生

      読売新聞東京本社メディア局専門委員 田村良彦氏

 

新潟大学・鈴木先生からは、

良医育成新潟県コンソーシアムの活動や

国への提言活動、新潟県としての取り組みについて

具体的なお話しをお伺いできました。

 

私達の生活に欠かせない、医療の確保は

生活と同時に、経済活動にも欠かせない大きなこと。

 

首都圏だけでなく、

地方にも優秀な医師人材を誘致し

定着させる方策を練ること

それは、何よりも魅力的な何かを見出すことが必要

 

医師が自分の人生を輝かせるために

必要な場所、必要な人、

必要な資源に恵まれた場所であることを

模索されています

 

私達にできることは何か?

 

医師が人生を輝かせることができる場所に巡り合う為

お役に立てることを考え

行動し続けることを改めて深く考えさせられました

 

達増知事の最後のコメント

「多くの方々の期待と切望を現実化したい」

「誰一人取り残さないというということを、現実化するために」

 

この言葉を大切に

真剣に前進し続けたいです。

最後にひと言。

医師はコマではありません。

ですから医師確保ではなく、

医師招聘であるべきだと思います。

 

 

ジーネット株式会社 メディカル事業部 小野里 りか

onozato医師・看護師の人材紹介事業、採用支援

クリニックの開業支援を

オーダーメードでフルサポート。

ご相談は無料、お気軽にお問合せ下さい。

TEL:03-5925-8520

mail:onozato@gnet.co.jp
HP:ジーネット(株)コーポレートサイト

   毎日更新ブログサイト
   医師の転職・開業失敗事例集 

お問い合わせはこちら