各分野の専門家が医師の転職や開業などに必要な情報を配信します。

トップ > 医師のキャリア、転職 > 医局でのキヤリア、そうでない場合は?

医局でのキヤリア、そうでない場合は?

2020/04/02

皆さん、こんにちは。

ジーネット株式会社の梅澤晃子です。

 

 

世界的なCOVID-19感染拡大により、

医師・看護師をはじめ、医療従事者の方々には

最前線での対応、頭がさがります。

 

 

最前線で対応してくれている医療従事者を守る為にも、

感染拡大の数字を日々報道するよりも、

こんなときだからこそ、

国民全体に今どういう行動をするべきか?

行動自粛だけではない、日本の医療を守る為の教育を

学校再開に伴い、取りむべきでは?と思っております。

 

 

さて、前置きが長くなりましたが、

2年間お世話になった先生が、

地元に帰られることになりました。

 

 

その先生が歩んでこられた道と

これから思い描いてらっしゃる道について。

 

医師キャリア

 

なぜ、今の医局に入ったのか?

此方の先生は、

研修医の頃、麻酔科に行こう!と

決めてらっしゃたそうです。

 

しかし、今所属している医局は、

麻酔科ではありません。

 

なぜか?

 

「そこの医局の先輩が、

 すんごく話かけてくれて、

 話しやすいな~と思い、

 今の医局に(笑)」

 

今の医局は外科系です。

 

 

 

「そんなものですか、先生。」

「そんなものですよ、梅澤さん。

 僕は、自分から話しかける人ではないから

 その先輩が話しかけてくれること、

 有難かったし、楽だったです(笑)」

 

現在は16名在籍し、

同期は6名。

 

いっとき、外科を志望する医師が減ったと

厚生労働省の配布物等でみておりましたが、

下記表をみますと、持ち直してきている様です。

 

 

 

Microsoft PowerPoint - 05_資料3_医師偏在対策について 0206修正-圧縮済み_page-0001

 

 

医局にいる先生のキャリアプラン

今回、医局派遣で

関東にお見えになった先生。

 

同じ外科でも、

今までとは丸っきり違う分野。

 

 

医局内で

その分野に長けた方が少なく、

先生に白羽の矢が立ったそうです。

 

教授命令。

 

 

派遣が決定した当初は、

”なんでかな~”と思ったそうですが、

2年間の修行を終え、今思うことは、

教授が自分の性格等を考慮して、

 

この道に進ませてくれたと。。。

大学に残ることが出来る術をもたせてくれたと。

 

 

以前、ジーネットブログでも書きましたが、

この先生は、医局に残ると、

決めてらっしゃる先生です。

 

 

医局にいれば、

先輩方が進んだ道を

自らも歩んでいくので、

ある程度のスキルや

専門医等はついてきます。

 

 

 

 

しかも、医局にいれば、

それなりの症例数のある医療機関に

またまた派遣されることもあり、

自分のスキル等を維持もしくは、

向上させていけます。

 

先生は仰ってました。

 

医局に残れる様に、

今の教授や先輩方が

自分の性格等をみて、

この分野に進ませてくれたと。

なので、まずは、医局に戻り、

自らが学んできたことを活かし、

淡々と修練を積んでいきますと。

 

 

 

これから、医療機関はもっと淘汰されていく、

手術しかしない医療機関と、そうでない医療機関。

 

自分は、その手術しかしない医療機関に残る為、

今後も修練していくと。

 

先生のこれからもみてみたいので、

そちら方面に旅行に行く際には、

LINEしようと思っています(笑)

 

 

医局からでた時のキャリアは??

おいおい、梅澤、

じゃあ、医局から出た後のキャリアプランは?

 

 

ここがお聞きになりたいですよね。

 

医局からでる先生方のパターンは、

ざっくり3つがありますね。

 

外科系医師の場合、

・御自身のキャリアを活かして、

 民間病院の役職に就くパターン。

 手術をしつつ、後輩の育成にも力をいれる

 

・御自身がメスを置く日を念頭におき、

 来るべきときがきた際に、

 焦らない準備をする。

 緩和ケア・在宅診療・健診・人間ドック等

 

 

・クリニック開業

 

 

とてもざっくり書きましたが、

外科系の医師の場合

手術で患者さんを治すこと、

緩和ケアで、患者さんを看取ることを

経験されているので、

選択肢は多いのかなと思います。

 

あっ、ひとつだけ

医局をでて、

いきなりクリニック開業をするのは

なかなかチャレンジャーかなと、

個人的には思っております。

 

その辺りを知りたい方、

ジーネット株式会社の梅澤までご連絡下さい(笑)

 

 

医師は、何歳になっても医師です。

 

 

御自身のなが~い医師人生のキャリアプラン、

どうしようかな?と思った際には、

御相談下さい。

 

まずは、先生のお話をお聞かせ頂き、

御家族のこと等もお聞かせ頂き、

どんなキャリアがよろしいのか?

一緒に考えさせて頂きます。

 

ジーネット株式会社 メディカル事業部 梅澤 晃子

umezawa-1

医師・看護師の人材紹介事業、

採用支援、クリニックの開業支援を

オーダーメードでフルサポート。
ご相談は無料、
まずはお気軽にお問合せ下さい。
 
TEL:03-5925-8520

mail:umezawa@gnet.co.jp
HP:ジーネット(株)コーポレートサイト

   毎日更新ブログサイト
   医師の転職・開業失敗事例集 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お問い合わせはこちら