各分野の専門家が医師の転職や開業などに必要な情報を配信します。

トップ > 医師のキャリア、転職 > 「医療・介護分野における職業紹介に関するアンケート調査」より その2

「医療・介護分野における職業紹介に関するアンケート調査」より その2

2020/04/04

おはようございます。

 

ジーネット株式会社 コンサルタントY子です。

 

今回は、先週につづき

厚生労働省が12月27日に発表した

「医療・介護分野における職業紹介に関するアンケート調査」で、

私が気になったことを綴っています。

 

調査で、就職者※が求職活動に当たって利用した方法では、

民間職業紹介事業者を「よく利用する」が30.1% 「たまに利用する」が42.6

70%以上の医療者が民間職業紹介事業者をつかっています。

 

※就職者:アンケートの対象となった2,112病院において、有料職業紹介事業者を

利用して採用した者で、現在も当該病院 で就業中の2名(採用時期直近、可能な

限り異なる職種)を選定し、アンケート(WEB調査)を実施した。

 

医業経営コンサルティング

 

転職時、約3割の医師がエージェントを利用

民間職業紹介事業者を、

転職経験のある 医師のおよそ3割が利用していると言われています。

 

本調査は医師以外の医療者も含まれているのと、

雇用形態が区分されていないので、

定期非常勤やSPOTを含むと70%以上になるのでしょう。

 

民間職業紹介事業者を利用した際の問題や不満では、

特にないが49.5%ですが、

問題や不満で回答が多かったものが、

「求人情報として提供されていた情報と実際が異なっていた」19.9

「求人条件と採用条件が異なっていたなど、条件がわかりにくかった」10.8

が上位に挙がっています。

 

民間職業紹介事業者にたのむと、

「就業条件(勤務時間や給与額等)について求人者と優位に交渉してもらえる。」

だから、利用するという医療者は少なくないと思います。

 

医療者はご自身の仕事が忙しくて、

求人探しなど求職活動を自ら行う時間がとりにくいと思います。

 

なのに、

エージェントを利用して入職したが、

情報より不利な条件だった...😢

 

そんな、エージェントでは無価値に思えます。

何のために、コンサルタントに相談したのか...。って話になりますね。

 

医師が本業に専念できるように、

「転職やアルバイト探しをフルサポートする」のが

エージェントの存在意義ではないでしょうか。

 

就職者から、

民間職業紹介事業者に対する要望として、

「登録求人企業の数を増やすなどして、できるだけ多くの求人を紹介してほしい。」

との回答も見られますが、

求人側が出したい情報だけを、

羅列しているようなサイトでは、

数多い案件から選んでも、自分には合ってなかった・・・。 

とのミスマッチが生まれてしまう。

 

弊社はオーダーメイドで、

誰でも一緒の求人ではなくて○○先生だからこその求人をつくる。 

〇〇先生の為のオリジナル求人なので相違はおこらないし、

その内容もより具体的になります。

 

アンケートでは、

親身になって キャリアコンサルティングや自己分析のサ ポートを行ってほしい。」

「職種や条件などの希望に、添った求人を紹介してほしい。」

等の要望もありました。

 

こちらもお任せ下さい💪。

 

ジーネットのコンサルタントは、

全員が医療従事者のエージェント業の経験年数が6年以上です。

10年以上になる強者も在籍しております。 

 

ご相談者とともにキャリアプランを再考して、

5,10年後にどういう働き方をしたいのか?

 

その実現のために、

「今居るべき場所はどこか?」

「これから出来ることは何か?」

を一緒に考えることからスタートします。

 

まずは、

医療従事者方々のキャリアプランづくりの、

お手伝いいたします。

 

皆様のお役にたてれば幸いです。

どうぞお気軽にお声がけ下さい。

 

ジーネット株式会社 メディカル事業部 コンサルタントY子

                                 医師・看護師の人材紹介事業、

consul_y     採用支援、クリニックの開業支援を

     オーダーメードでフルサポート。
     ご相談は無料、
     お気軽にお問合せ下さい。

 

 

 

お問い合わせはこちら