各分野の専門家が医師の転職や開業などに必要な情報を配信します。

トップ > 医師のキャリア、転職 > ~知っておこう!! 医師の健康保険 任意継続 医師国保 国保について~ 

~知っておこう!! 医師の健康保険 任意継続 医師国保 国保について~ 

2020/06/11

おはようございます!

ジーネット㈱ Y子です。

 

新型コロナウイルスの警戒を呼び掛ける東京アラート」も、

12日には解除の見通しで、

人も街も平穏を取り戻しつつありますね。

 

然しながら、

フリーランスのDrが勤め先を失っている状況は、

未だ変わらないようです。

 

また コロナ禍で、

常勤先の勤務環境が激変したDrも多くいらして、

職場を離れざるを得ないという事態も起こるやもしれません。

 

常勤先を辞めると健康保険の手続きが必要です

医師は、

退職後に通常は、以下の3つから選択することとなります。

 

任意継続被保険者になる

 

②医師国保に加入する

 

③国民健康保険に加入する

 

その他、 家族の健康保険(被扶養者)になるケースもあります。

 

①任意継続被保険者とは、

退職後もそれまで加入していた健康保険制度に引 き続き加入し、

その被保険者となることです。

ただし、

・任意継続できる期間は最長2年

・任意継続の手続きは退職後20日以内に自分で行う

・退職時に任意継続をする保険の加入歴が2ヶ月以上あること

要件として定められています。

 

任意継続には、2年間の期間制限があります。

この期間中は再就職しない限り止めることはできません。

逆に2年たてば資格喪失して、国民健康保険に移ります。

 

②医師国保とは、

医師国民健康保険組合 医師会の保険です。

 

要件は

・地区医師会もしくは大学医師会に所属が必要(医師会の会費がかかる)

特徴は、

・保険料が収入にかかわらず一律の料金

・家族の人数に応じて保険料が上がります

・医師会ごとに保険料が異なります

 

ちなみに、

東京都医師健康保険組合の場合は、

第1種組合員の保険料は32500円/月

そして家族一人あたり12500円/月

に、なります。※介護保険料除く

 

医師国保のメリット・デメリット!

医師国保に加入するメリットは、

収入にかかわらず

各組合員の保険料が決まっているため、

国保と比較すると保険料が割安になる場合があります。

 

医師国保のデメリットは、

1人当たりの保険料が決まっているため

給与が少ない場合は保険料負担が大きいこと。

 

また、

世帯全員が医師保険に加入しなければならないため、

扶養家族の人数が多いと保険料が増加することなどです。

 

国民健康保険のポイント!

③国民健康保険

 

国民健康保険の保険料は、所得により異なりますが、

上限額が決まっています。

 

上限は、820000円/年(=68333円/月)です。

※介護保険料除く

 

また、家族の人数に応じても保険料は異なります。

 

学会スケジュール

 

まとめ

 

・任意継続被保険者が、保険料が一番安いケースが多い

 

・医師国保は、家族の人数で保険料が上がる 

       医師会費用が必要

       医師会ごとに保険料が違う

 

国民健康保険は保険料に上限があるため、医師国保より保険料が安くなる場合がある

 

一般的には、上記となりますが、

家族構成 年収 フリーランスの期間など、

個々の状況で判断することが、大切ですね。

 

それぞれ、

条件や手続きの期限が設けられているので、

退職までにしっかり調べて選択されることを、

おススメいたします。

 

ジーネット株式会社 メディカル事業部 コンサルタントY子

                                 医師・看護師の人材紹介事業、

consul_y     採用支援、クリニックの開業支援を

     オーダーメードでフルサポート。
     ご相談は無料、
     お気軽にお問合せ下さい。

 

お問い合わせはこちら