各分野の専門家が医師の転職や開業などに必要な情報を配信します。

トップ > 医師のキャリア、転職 > 医師がキャリアプランを考える際に是非知っておいて欲しい事!

医師がキャリアプランを考える際に是非知っておいて欲しい事!

2016/10/26

 

皆さん、こんにちは。

ジーネット株式会社の小野勝広です。

 

医師に限った事ではありませんが、

昨今キャリアプランをどう組み立てていくのか?

少し前、ひと昔前と比較しても

かなり問われるようになっていると思います。

 

今までは決められたレールの上を歩んでいれば

それなりの地位にまで登っていけたのに、

昨今ではレールを自ら敷き、

途中で修正したり、試行錯誤しながら、

自らの思考と行動で歩んでいかねばならなくなっていますね。

 

研修医制度が変わってから、

医師もゆりかごから墓場まで安泰ではなくなってきました。

 

特に若手医師は危機感を持って、

自らのキャリアプランを模索しています。

 

今回は医師がキャリアプランを検討していく際に、

是非知っておいて頂きたいポイントをお知らせします。

 

03

 

 

開業をする人生!?勤務医で進む人生!?

キャリアプランを検討する際に、

まず考えて頂きたいのは、

自分の医師人生の到達点はどこなのか?という事です。

 

もちろんこの到達点は個々異なるでしょうし、

今までよりも医師のキャリアが多様化してきている中で

目指すべき方向、選択肢は複数あると思います。

 

まずは到達点を自分の中でいくつか設定しましょう。

 

これは必ずしも仕事面だけに限定されるものではありません。

引退する時に貯蓄がいくらある…というマネープランでも良いでしょうし、

家族をどうしたい、子供たちをこのように支えていくなどでも構いません。

 

もちろん医師として教授になるというプラン、

院長や副院長という経営陣に入ろうとするプラン、

イチ医師として手術に磨きを掛け続けたい、

家庭医として地域の患者さんと密な関係を作りたい、

研究分野で一流の論文を書いて世界に認められたい、

どのような形でも良いかと思います。

 

ただ多くの先生のビジョンを伺って、

最初の分岐点になるのは開業をするか、しないか

ここにあるような気がします。

 

 

どっちの道にも長短あります!?

開業を目指す医師人生。

勤務医として続ける医師人生。

 

どちらが良いとか、有利とか、そういう問題ではありません。

あくまでも個々の志向性の問題であり、

まずはいずれが自分に向いているのかを考えて、

決断すべきだと思います。

 

選ぶのは誰でもありません。

先生ご自身であり、

しいて言うなら家族のご意向も踏まえた上での

先生ご自身であります。

 

自分は開業を目指すと言うなら、

開業に向けたキャリアプランを設定すべきです。

 

自分は勤務医として進むと言うなら、

勤務医としてより良い医師人生を歩める

キャリアプランを設定すべきです。

 

また第3の道としては、

現段階ではこの選択を保留するというものもあります。

自分の内側と相談し、

どうしても今は決断できないというのであれば、

決断を先延ばしする事も悪くはありません。

 

その場合は、いずれこの分岐点が来るという事を認識し、

その時にどちらの道を選んでもプラスになるような

キャリアプランを暫定的に取ればいいと思います。

 

 

到達点が明らかになれば…!

高く飛び跳ねようと思えば、

それだけ思い切り屈まねばなりません。

 

遠くまで行こうと思えば、

それだけの準備、計画が必要です。

 

個々、設定した到達点に行きつく道は、

これまた様々であります。

 

自分らしいルートはどれか?

この方向性で間違っていないのか?

使用するレールはこれよりもより良いものはないのか?

 

到達点が決まれば、

その道筋については第三者の意見も参考にするのが良いと思います。

なぜなら主観だけでは見えないものも多く、

社会的な評価は自己がするのではなく、他者がするものだからです。

 

この道のすぐ横にもっと良い道がある…。

これは中々自分では気づけません。

でも第三者には見えるものでもあります。

 

ご家族とご相談して下さい。

プライベートを犠牲にし過ぎたキャリアプランは

どこかで破たんする可能性があります。

 

ご両親ともご相談して下さい。

年の功だけではなく、先生の事を子供の頃から

最も良く見てきている方々ですから、

何か貴重なアドバイスをしてくれるかもしれません。

 

上司や先輩医師、同僚医師とも語り合ってみて下さい。

皆さんご自身なりのキャリアプランを考えている事でしょう。

きっと参考になる意見、考え方が手に入る事と思います。

 

コメディカルスタッフや事務方などからも情報収集してみて下さい。

彼ら彼女たちは医師とは違う視点で医療を考えています。

今後の医療がどういう方向に進むのか?

意外な、なるほど…と思う考えが聞けるかもしれません。

 

出入りの業者や専門性を持ったエージェントの話しを

聞いてみるのも良いかもしれません。

相手次第ではありますが、

ビジネスマンである彼ら彼女たちはシビアな目線で医療を見ています。

医療人ではないだけに、客観性も持っています。

もちろん誰にでも…という訳には行きませんし、

最も気を付けねばならないのはこの部類の人たちですが、

驚くような価値ある意見が出てくるのは

この部類の人たちのような気がします。

 

02

 

キャリアに正解はないと思います。

ただ正解に近づけるか?

正解すら意識しないか?

主体的な医師人生を歩んでいくか?

流されていく医師人生を歩んでいくか?

 

これは自分なりのキャリアプランを持っているかどうかで

決まると思うのです。

 

キャリアプラン構築のためには、

様々な事例やノウハウを知った方が自分を有利にしてくれます。

 

ご自身で情報収集するのも良いですし、

当サイトなどはその為に企画されたものであります。

また事例、ノウハウを豊富に持っている

人脈を持っておくのも大切ですね。

 

 

将来どうしようかなあ?

自分にはどんな選択肢があるのかな?

これからの医師の仕事はどうなっていくんだろう?

 

そんなお悩みを抱えていらっしゃる先生は、

どうぞお気軽にご相談下さい。

 

 

アドバイザー

ジーネット株式会社 メディカル事業部 事業部長

dpp07df0313112509

小野 勝広(おの かつひろ)
東京都練馬区在住 47歳

 

医師・看護師の人材紹介事業、

採用支援、クリニックの開業支援を

オーダーメードでフルサポート。
ご相談は無料、
まずはお気軽にお問合せ下さい。
 
TEL:03-5925-8520

mail:ono@gnet.co.jp
HP:ジーネット(株)コーポレートサイト

   毎日更新ブログサイト
   医師の転職・開業失敗事例集 

お問い合わせはこちら