各分野の専門家が医師の転職や開業などに必要な情報を配信します。

トップ > 医師のキャリア、転職 > 開業を見据えた転職先選定のポイント!

開業を見据えた転職先選定のポイント!

 

皆さん、こんにちは。

ジーネット株式会社の海東謙一です。

 

開業を志す場合と、

勤務医として続ける場合では、

キャリアをどう構築するかは異なりますし、

選ぶべき勤め先も変わってくると思われます。

 

今回は開業を見据えた転職先をどのように選定するか?を

考えてみましょう。

 

資金作り!?

大学病院や公立病院でお勤めになられている先生方の

1番の悩みは資金の問題ではないでしょうか?

 

最近では自己資金をあまり準備しなくても

開業ができるという謳い文句が溢れていますが、

正直、開業支援をする身としてはおススメはできません。

 

確かに民間病院でご勤務する先生と比較すると

給与水準が決して高いとは言えないために、

なかなか資金が貯まらない…というご相談は少なくありません。

 

だからと言って自己資金が「0(ゼロ)」での開業は

非常に危険であります。

 

すべてが計画通りに進めば良いですが、

万が一そうでない場合に大きなリスクを背負う事になります。

追加の融資を受ける事は相当に難しいからです。

 

ですからいざという時に運転資金に使える

自己資金というのは金額の大小は別にしても

ある程度準備すべきものと思います。

 

実際に過去私どもが開業支援をした先生の中では、

大学病院や公立病院から民間病院に転職をして

開業資金を貯めたという方もいらっしゃるんです。

 

よって一旦、民間病院に転職して開業資金を貯めるという

選択肢も検討する価値はあると思います。

 

物の良し悪しは別として、

民間病院は大学病院や公立病院と比べて

年俸が1.2倍~1.5倍に増加する傾向があるのは事実です。

場合によってそれ以上のケースもあり得ます。

 

また様々な利便性の高い首都圏よりも

郊外や地方にある病院の方が年俸は高いようです。

 

やはり首都圏は医師が集まりやすく、

地方はそれなりの給与を出さねば医師が集まらないという事ですね。

 

その為、開業前の「数年間だけ!」と覚悟を決めて地方で出稼ぎのように

開業資金を貯める事に専念するという選択は「あり」だと思います。

 

郊外や地方では診療科目や業務内容にもよりますが

2000万円以上の高額提示を受けるケースもありますし、

僻地や離島ではさらに高い給与提示もあり得ます。

ただし、高条件には何らかの事情が隠されていますので

選ぶ際には充分な注意が必要となります。

 

プロの力を借りる必要も時にはあるでしょう。

 

スキルの向上!

先生は開業をする際に何科を標榜しますか?

どういう患者層にターゲットを絞りますか?

 

今までの専門を活かした疾患を持つ患者さんが多ければ良いですが、

多くの先生は開業時には幅広い患者層に来院して欲しいと考えます。

 

その為、診察領域を広くするために

転職をするケースもあります。

 

大学病院や基幹病院ですと、

診療科目が細分化されており

実際のところ他科目の診療スキルを積むのが

環境的に難しい事も多いです。

 

そんな時に他科目の先生から学ぶ環境を作ったり、

総合診療科や総合内科などの外来を担当すべく調整したり、

勤務体制をアレンジするなどのご希望を叶えるには

我々紹介会社の腕の見せ所ともなります。

 

例えば麻酔科のドクター。

通常はオペ麻酔ばかりですので、

そのまま開業する事は非常に難しいです。

 

そこで民間病院にてオペ麻酔も担当しつつ、

ペイン外来やリハビリスキルを積む経験を身につける事を

検討してみてはいかがでしょうか?

 

また環境面でのスキル向上も大切です。

大学病院での勤務からいきなり開業というのは

あまりにも多くの事が劇的に変わってしまいます。

 

慣れるという意味合いで中小規模の民間病院で

経営に近いポジションで仕事をしてみたり、

クリニックの雇われ院長として勤務する事を

検討してもいいでしょう。

 

実際にこのような経緯を辿って開業した先生も

何名かいらっしゃいます。

 

今までは最新機種の医療機器も揃っていましたが、

民間病院やクリニックですとそういう訳にはまいりません。

 

ご自身が開業する際に最新機種を揃えようと思うと、

費用はかさむ一方で、

開業資金が予定よりオーバーするなんて事はよくあります。

必要最低限にする為にも、

設備の整っていない環境での仕事は良い経験になります。

 

他にも、雇われる側から雇う側、つまり経営者になるという事は、

大きな発想の転換が必要になります。

 

今まではそれほど意識していなかった

診療報酬の点数についても

開業後は考えながら診療する必要も出てきます。

 

中小規模の病院やクリニックでの勤務を経験しておくと、

開業に対するコンセプトがより具体化するという利点があります。

 

02

 

開業予定地での勤務!

ひと昔前と比べて、

開業地の選択は慎重には慎重を期して行う必要があります。

 

駅前や住宅地は競合も多く、

安易に場所を決めると立ち上がりまでに

思った以上の時間を要する事もあります。

 

当然の事ではありますが、

競合も少なく、相応の患者数が見込める

エリアでの開業がベストとなります。

 

ご自身の開業希望地や開業最適地が

現在の勤務先から離れている場合、

患者のニーズや地域特性を知る上でも

該当エリアでの病院勤務を経験する事は

非常に有効であります。

 

開業後に強固な病診連携体制を作る事も可能になり、

また患者を引き連れての開業も視野に入れられます。

(あまり大っぴらにやり過ぎると問題になりますが…)

 

中には開業後も外来患者の手術や検査を

今まで勤務していた病院で行える事もあります。

これはクリニックに来院する患者さんにとっても

安心材料のひとつになります。

 

まとめ

開業しよう!と思った時から、

ご自身のキャリア構築、

資金、開業後の集患対策に備えて、

準備を進めていく必要があります。

 

開業医は経営者ですから、

今までとは違って医師として診療だけしていれば良い

という環境ではなくなってきます。

 

だからこそ開業医としての先輩ドクターであったり、

信頼の置けるコンサルタントからのアドバイスなどを

参考にして着々とプラン作りを進めて頂きたいです。

 

 

アドバイザー

ジーネット株式会社 メディカル事業部 ゼネラルマネージャー

海東 謙一(かいとう けんいち)
埼玉県比企郡在住 42歳

医師・看護師の人材紹介事業、採用支援、クリニックの開業支援をオーダーメードでフルサポートしております。

 

ご相談は無料ですので、

まずはお気軽にお問合せ下さい。
 
TEL:03-5925-8520

mail:kaitoh@gnet.co.jp
HP:ジーネット(株)コーポレートサイト

   求人・開業物件サイト

   毎日更新ブログサイト
   医師の転職・開業失敗事例集 

お問い合わせはこちら