各分野の専門家が医師の転職や開業などに必要な情報を配信します。

トップ > 医師のキャリア、転職 > 医師は求人をどうやって見つけるの? パートⅢ

医師は求人をどうやって見つけるの? パートⅢ

2017/05/08

 

皆さん、こんにちは。

ジーネット株式会社の小野勝広です。

 

今まで下記①~④についてご説明いたしました。

医師は求人をどうやって見つけるの? パートⅠ

医師は求人をどうやって見つけるの? パートⅡ

 

今回は⑤について考えてみます。

 

① 他の医師からの情報

② 医療機関のホームページ

③ 医療系雑誌の求人コーナー

④ 求人サイト
⑤ 人材紹介会社のコンサルタント(及び出入り業者)からの情報

 

信頼できる紹介会社は存在するのか?

リーマンショック以降、

医療業界にも人材紹介会社が続々と進出してきました。

 

一説によると300社、400社を超えると言われていますが、

その質はどうでしょうか?

 

毎年新たな企業が100~200社も参入しているようですが、

実は同じ100~200社が撤退してもいるようです。

 

つまり安易に進出してきたが、

ビジネスにならずに撤退しているという事ですね。

 

なぜこういった事態になるかですが、

医療業界、特に医師の転職マーケットは売り手市場の為に

求人がたくさんあるんです。

 

よって買い手市場で人材紹介をしてきた企業は

何てオイシイ業界なんだとこぞって参入してくるんです。

 

ところが求人は集まるものの、

求職者である医師は集まらない…。

しかも買い手市場なら求人を集めれば求職者も集まりますから、

求人獲得以外に求職者を確保する手法を知らないんですね。

だから収益化できずに撤退する…。

 

しかもそもそもそこには医療業界の為にとか、

医師の為にという志はありません。

単に儲かりそうだ…で参入してきた訳ですから

儲からないとなればそりゃ撤退しますね…。

 

悲しい、そして寂しい事ではありますが、

これが現実です。

 

では10年、20年と医療業界で人材紹介をしていれば

信頼に値するか?と問われれば

これがそうとも言えないのです。

 

老舗企業を買収して拡大路線を押し付けて

古株の社員は辞めて全く新しい会社になってしまったり、

別事業で医師の会員を相当数集めて

そのまま人材紹介にも活用していたり、

豊富な資金力をバックボーンにWEB上の

SEO対策やリスティング広告に多額の費用を掛けて

医師を集めたり…。

 

残念ながら本気で医師の転職を成功させようとか、

医療機関のニーズに合った先生を紹介しようとか、

地域医療に貢献しようという事よりも

儲け主義、効率化至上主義が優先されてしまっているようです。

(こういう企業も自社サイトなどでは美しい言葉で飾ってますけど…)

 

私が思うに信頼できる人材紹介会社なんて

おそらく10~20社程度と考えて良いかと思ってます。

 

04

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

信頼できるコンサルタントは存在するのか?

それでは会社に在籍するコンサルタントは

信頼に値するか?ですが、

 

前述のような状況の中ですから、

まずそれなりの期間をこの仕事に打ち込んできた人が

非常に少ないのが現状です。

 

よって1年~3年程度の経験しかないコンサルタントが

非常に多いんです。

 

考えてみればおわかりの通り、

1~3年程度で医師のサポートはできませんし、

医師のキャリアに関してアドバイスをするなんて

実におこがましい事でもあります。

 

逆に言うと会社側は、

人件費をできるだけ抑えて、

システム化して効率的に営業活動をする事を考えていますし、

その分を宣伝広告費に充てざるを得ないんです。

 

そもそも医師と対等に話しができるなんて考えておらず、

希望条件を伺い、マッチした求人をシステム的に抽出し、

それをメールなどで案内すれば良いという発想です。

 

これでは信頼できるコンサルタントなんて

そうそう育ちませんね…。

 

もちろん中には自ら学び、自ら経験値を高めてきた

努力家であるコンサルタントも少数ながら存在します。

 

おそらくこのレベルの差は、

5分も話せばすぐにご理解が頂ける事でしょう。

 

私個人的には、

① 医師の人材紹介事業に5年以上従事している。

② 医療系のビジネス経験が10年以上ある。

 

このいずれかがないコンサルタントは、

すぐに信頼してはいけないと考えています。

時々若くても天才的なコンサルタントがいますが、

万に一つの可能性と考えた方が良いと思います。

 

どんな紹介会社、
どんなコンサルタントからの情報なら安心か?

前述の通り、

紹介会社にしても、コンサルタントにしても、

本当の意味でのプロフェッショナルは少数派である事が

お分かりかと思います。

 

まして出入りの業者などは、

稀に貴重な情報を持っていたりはしますが、

そもそも求人のプロではないので

全面的に信用は置けませんね。

 

実際に信じて痛い目に合った先生が

何名もいらっしゃいます…。

 

最後にこんな会社、こんなコンサルタントなら

幾分良いのではないでしょうか?という情報提供をいたします。

 

05

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  • 1、ホームページやSNSをチェックしましょう。

      Ⅰ コンテンツは随時更新されていますか?

      Ⅱ 求人以外の事例、ノウハウは情報提供されていますか?

      Ⅲ 経営者、担当者の実名、顔写真、経歴などがオープンになっていますか?

      Ⅳ 経営理念、営業方針、ビジョンなどが明らかで理解できますか?

      Ⅴ 空虚なデータ、数値でゴマかしていませんか?

 

  • 2、医療系の他業種からの情報も得ましょう。

      Ⅰ 医薬品卸、医療機器ディーラーなどに聞いてみましょう。

      Ⅱ 医師仲間や他の医療系職種にも尋ねてみましょう。

      Ⅲ セミナーや勉強会への参加実績があるかもチェックしましょう。

 

  • 3、担当者と会った時にはここをチェックしましょう。

      Ⅰ 紹介事業、医療系ビジネスの経験は何年ありますか?

      Ⅱ 紹介業や医療に関する知識は豊富にありますか?

      Ⅲ 人脈や事例、ノウハウを幅広く持っていますか?

      Ⅳ 求人以外の知識は持っていますか?

        求人の背景や裏事情を把握していますか?

      Ⅴ 誇りや自信を持って仕事をしていますか?

 

このようなチェックポイントを確認の上で、

依頼に値する企業なのか?

担当者なのかを判断されると良いと思います。

 

売り手市場である医師の転職マーケットは、

求人情報を得ようと思えば簡単です。

言葉は悪いですが誰にでもできる仕事であります。

 

大事なのは他で手に入らない情報やノウハウを

持っているかどうかなんですね。

 

 

結局のところ、①~⑤の中でこれが1番ですと

明言は正直できません。

 

本来は紹介会社を利用して、

コンサルタントからの情報を活用するのが

最善ですと言いたいところですが、

ちょっと残念ですが質には大きなばらつきがあります…。

 

だからこそ①~⑤の複合で情報を集めて、

多角的にチェックしていかねばなりませんね…。

 

① 他の医師からの情報

② 医療機関のホームページ

③ 医療系雑誌の求人コーナー

④ 求人サイト
⑤ 人材紹介会社のコンサルタント(及び出入り業者)からの情報

 

 

求人情報や、開業物件情報でお悩みの方は、

どうぞ下記よりお気軽にご相談下さい。

 

アドバイザー

ジーネット株式会社 メディカル事業部 事業部長

dpp07df0313112509

小野 勝広(おの かつひろ)
東京都練馬区在住 48歳

医師・看護師の人材紹介事業、

採用支援、クリニックの開業支援を

オーダーメードでフルサポート。
ご相談は無料、
まずはお気軽にお問合せ下さい。
 
TEL:03-5925-8520

mail:ono@gnet.co.jp
HP:ジーネット(株)コーポレートサイト

   求人・開業物件サイト

   毎日更新ブログサイト
   医師の転職・開業失敗事例集 

お問い合わせはこちら