各分野の専門家が医師の転職や開業などに必要な情報を配信します。

トップ > 医師のキャリア、転職 > 医師にとってどういう求人が良いと言えるか?

医師にとってどういう求人が良いと言えるか?

2017/05/17

 

皆さん、こんにちは。

ジーネット株式会社の小野勝広です。

 

売り手市場である医師の転職マーケットには

それこそゴマンと言えるほどの求人がありますね。

 

当然その中には良いものもそうでないものもあります。

宜しくない医療機関に行きたい人など

もちろんいらっしゃらない訳で

事前にしっかりと見極める目を持っておきたいですよね。

 

今回は求人の良し悪しについて考察してみます。

 

あそこは良くないらしいよ!?

まず最初に申し上げておきたいのは、

いい求人と悪い求人は人によって違うという事であります。

 

A先生はZ病院を高く評価してY病院を低く評価するけど、

B先生はY病院を高く評価してZ病院を低く評価する。

 

実はこういうケースは非常に多いです。

 

ですからある方から、あそこはいい病院だよとか、

あんな所には行かない方がいいよなど聞いて

そのまま鵜呑みにしてしまうのは避けた方が良いと思います。

 

世間一般で言われている事が

自分にとって必ずしも一致するという訳ではないんですね。

 

実際に私が経験した事ですが、

とある病院にC先生をご紹介したのですが

見学、面接を経て、大変気に入って頂き、

無事に入職に至ったのです。

 

入職して数か月経ってから状況を伺いますと

非常に満足をしてくださっており、

「今まで勤めてきた病院の中で1番働きやすいよ」とまで

おっしゃって頂けたのです。

 

その後、D先生とお会いしてお話しを伺ったところ、

お考えになっている希望条件はまさにこの病院さんがピッタリ。

C先生の高評価もあったので、

D先生をご紹介したのですが、残念ながらこちらは上手く行かず。

 

C先生には大満足でも、

D先生にはピンと来なかったんですね。

 

このように同じ病院でも、

人によって違う評価がされます。

 

もしこの病院の話しをC先生から聞けば、

素晴らしい病院だと伺う事でしょう。

しかしD先生から聞けば低い評価の話しとなるでしょう。

 

大事なのは、自分にとって良いのか?

まさにここに尽きるのではないかと思います。

 

01

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

求人内容だけではわからない?

そうは言っても、

明らかなブラックでは困りますし、

入職してから「こんなはずではなかった…」なんて事は

絶対に避けたいですもんね。

 

しかしWEB上にしても、

求人誌にしても、

あくまでも求人内容というのは

採用側の医療機関が出したい情報が掲載されています。

 

また紹介会社のサイトやコンサルタントが案内する求人も

紹介会社に都合よく書かれている訳ですね。

 

いずれにしても何らかのバイアスが掛かっているという

認識を持っておいた方が良いと思います。

 

掲載内容は参考程度に考えて、

下記のような点をチェックしてみてはいかがでしょうか?

 

  • 1、電話やメールで問合せした時の反応

      ① やり取りは迅速にできるか?。

      ② 丁寧な回答を頂けるか?

      ③ 責任者(事務長)が前面に出て対応しているか?

 

  • 2、見学時

      ① 理事長もしくは院長が面接を担当するか?

      ② 院内をくまなく案内し、隠し立てをしないか?

      ③ 看護師など働いている方々の表情はどうか?

 

  • 3、内容

      ① 条件等を書面にて出してくれるか?

      ② 他の医師と会わせてくれるか?

      ③ 採用意欲が高いか?逆に高すぎないか?

      ④ 個人情報を大事に扱ってくれるか?

      ⑤ こちらのスケジュールを尊重してくれるか?

 

この辺りを適切に対応してくれる医療機関は、

それなりの水準を維持できていると思います。

 

逆にこの辺りで不安があるようであれば、

その医療機関はあまりお勧めてきません。

 

求人のチェックポイント!

でもやっぱりある程度求人からそれなりの情報を得たいですよね。

最後に求人を見るチェックポイントをお知らせいたします。

 

  • そのサイトの運営者は誰か?

   ⇒ 運営企業がどこかをチェックするとサイトの目的がわかります。

     求人サイト運営会社なら、医療機関がフィーを支払って掲載しています。

     紹介会社なら自社に呼び込む為の求人が掲載されています。

     どういうバイアスが掛かっているかを理解してチェックしましょう。

 

  • ホームページも確認しましょう。

   ⇒ 求人を掲載している医療機関のホームページもチェックしましょう。

     ご自身の診療科のページを見て、

     診療内容や在籍ドクターの布陣を確認しましょう。

     内情がすべて把握できるものではありませんが、

     諸々交渉する際のヒントが隠れているかもしれません。

 

  • 給与などの待遇は当てになりません。

   ⇒ 例えば年俸が1000万円~1600万円と書かれているとします。

     ご自身は1800万円欲しい場合に、

     その求人を除外しがちですが、可能性は充分にあります。

     他の手当や当直日、勤務内容なども調整はできる事が少なくありません。

     あまり条件面を気にされるのではなく、

     ご自身が望む医療があるのか?環境があるのか?

     ここをチェックされる事をおススメします。

 

04

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

求人というのはあくまでも取っ掛かりであって、

それだけで判断できるものではありません。

 

あまり気にし過ぎると、

見失うものもありますので

求人、求人とこだわりすぎないようにして下さい。

 

 

医師の転職において

求人の悩みなどがございましたら

お気軽に下記よりお問合せ下さい。

 

アドバイザー

ジーネット株式会社 メディカル事業部 事業部長 

dpp07df0313112509

小野 勝広(おの かつひろ)
東京都練馬区在住 48歳

 

医師・看護師の人材紹介事業、

採用支援、クリニックの開業支援を

オーダーメードでフルサポート。
ご相談は無料、
まずはお気軽にお問合せ下さい。
 
TEL:03-5925-8520

mail:ono@gnet.co.jp
HP:ジーネット(株)コーポレートサイト

   求人・開業物件サイト

   毎日更新ブログサイト
   医師の転職・開業失敗事例集 

お問い合わせはこちら